« 記号としての | Main | 素晴らしき脇役たち(笑) その2 »

Monday, September 13, 2004

素晴らしき脇役たち(笑)

下の方で書き殴った某ミューラァ萌え。Dさんがとっても素敵なマンガにして下さってますが、その間に色々と萌えどころが出てきた。それもひとえに、Dさんの脇キャラのたて方が絶妙だから。

そんで、今日の萌えどころ。
まだ名前のない青島似の(笑)敵隊長、その人物像(勝手に推測)。
生まれも性格も折り目正しく、優秀でありながらも努力を怠ることなくさらに上を目指し、そしてそんな自分の有能さに自負心もあり、その上適度に冗談も解する男前(!(笑)である。それでも嫌なヤツにならないのは、人を公平に見る目があるから。きっと自分に自信があるので、巷によくいる優秀であるが故に人の欠点や失敗にも厳しいという器の小さいタイプではなく、人の欠点も弱さも多めに見てやろうという、将来大物タイプとみている(うーむ、持ち上げすぎ?)

ところが、士官学校に上がって、生まれて初めて自分よりもできるかもしれないヤツに出会ってしまった。それがミューラァ。
そんな彼・青島(仮名)とミューラァのある日の光景(例によって箇条書き的に。人称とか視点とか文章の体裁にこだわってると時間かかるので(苦笑)

「おい、シド」
廊下で呼びかけられ、ミューラァが振り返ると、そこには青島(仮名)が立っている。
「何か用か?」
ミューラァらしいいつも通りの素っ気ない態度で答える。
「誰からというわけでもない、勝手に耳に入ってきたうわさ話なんだがな」
持って回った言い方するな、とでも言いたげな視線でミューラァは青島(仮名)を見る。
「お前、地球人との混血って本当か?」 
一瞬、ミューラァの鳩尾の辺りから、もはや慣れ親しんだ、しかし許容することのできない怒りが一気に駆け上ってくる。
「ああ、本当だ」
しかしミューラァはそれだけ答えると、
「用はそれだけか?」
踵を返そうとする。
「待てよ。相変わらずせっかちなヤツだな」
そう言われてはミューラァも立ち止まらないわけにはいかない(・・・・・・この辺り、すでに一般ミューラァ解釈から外れているような気がしてきた・・・・。まあ、まだまだ血気盛んな十代ってことで(苦笑)
「ここ(士官学校)にいて地球人との混血っていうのは大きなハンデになるかも知れないが」
「同情か?!」
その先まで言わせず、反射的にミューラァが言う。
青島(仮名)は苦笑し、
「そうではないんだが・・・。こんな場所(廊下)ですべき話題ではなかったのかな」
辺りに人気はないが、誰が聞いているとも限らない。
「手短に言う。同情なんかじゃない。ただ確認したかっただけだ。俺の唯一ライバルになり得るようなヤツの真実かどうかも判らないような噂が、人の弱みと見れば喜んで飛びつくようなバカなヤツらの間で面白おかしく語られてるって言うのも、なんだが癪でな」
ミューラァは青島(仮名)が言わんとしていることが理解できず、眉間にしわを寄せ、居心地悪そうに手に抱えている本を持ち直した。
「つまり、俺はお前の体に何の血が流れていようと気にしない。だから、お前も地球人の血を理由に俺に負けたなんて言うなよ」
ミューラァはあっけにとられ、青島(仮名)を見つめた。
「バカか、お前は。そんなこと、ライバルに言ってどうする」
「フェアプレーが俺の信条だ」
あっけらかんとそんなことを言ってのける青島(仮名)に、ミューラァは同じ男としてある種羨望に似た嫉妬と共に奇妙な清々しさを感じた。友人にはなれないだろうが、もしも戦場で絶体絶命になった時、信頼できるのはこういう男なのではないかと、そんな確信が降りてくる。
「俺が言いたかったのはそれだけだ。次の授業に遅れるからもう行くぞ」
そして青島(仮名)はミューラァを残し、大股に歩き去った。
「・・・色んなヤツがいる」
苦笑混じりにひとりごちると、ミューラァも教室へ向かった。その口の端には薄く笑みが浮かんでいた。


なんて感じで(笑)

ホント、煩悩するとキリないのよねー。

アルくんとの馴れ初めとか色々考えたりしてると、楽しくてたまらん(笑)

あ、そうそう。シミュレーターである意味簡単にミューラァにやられちゃったのは、いくら隊長が優秀でも部下がそれに追いつく器量ないとだめってことで(一応かばってみる(笑)

・・・・・・・・・・・・つか、早く例のとこ更新しろですか?(爆)

|

« 記号としての | Main | 素晴らしき脇役たち(笑) その2 »

「駄文@萌え置き場」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24969/8698936

Listed below are links to weblogs that reference 素晴らしき脇役たち(笑):

« 記号としての | Main | 素晴らしき脇役たち(笑) その2 »